カードローンの審査が甘いところはどこですか?

今月生活費が足りなくてヤバい。毎月と同じように生活していたはずなのに、気が付けばお金が足りない。外食をし過ぎたかな…。でも足りない分を補わないといけないからカードローンで借入れを考えているんだけど、どこのカードローン会社も審査があるみたいで申し込むのが不安。審査が甘いところとか、審査がないところとか、どこか知りませんか。

たぶん、これから先も今回みたいに生活費が足りなくなる事は考えられるから、カードローンを1枚持っておくのもいいかなと思ってます。そんな感じに困った時にはすぐ使えるカードローンで、審査が甘いところを探してます。

最低限の条件さえ問題なければ、大抵は審査に通るよ

カードローンには審査がつきもの。審査と聞くとどうしても緊張してしまって落ちたらイヤだなとか考えると申し込みにくくなってしまうね。だけど、カードローンは実際5人に1人は利用しているんだよ。ということは審査もそこまで難しくないんだよ。実際カードローン会社(カードローン会社ならモビットがお薦めですね)も借りてもらうことが目的だからね。

そこで審査は何のためにするのかといえばお金を貸して返ってくるのかという返済能力を見るため。貸したお金が返ってこなかったら会社としては大問題。倒産する可能性も出てくるからね。だからカードローンの審査は収入はキチンとあるのか、延滞とかせずに返す意志はあるのかといった確認をするようなものだね。

だから、借りたお金は返すということが守れる人なら問題ないんだよ。これをどこで判断するのかといえば年収や年齢、勤続年数が材料になるんだね。勤続年数が長く、収入もキチンとあれば誠実な人だと判断でき、審査に通りやすくなるよ。ところが過去に延滞をしたとか職を転々としている人は本当に借りたお金を返す気があるのか、収入が途切れずにある人なのか判断できないから審査に通ることができなくなるんだよ。

ほとんどのカードローンは困った時にはすぐに借りれるよ。特にコンビニATMが利用できるところだと借入れする時にもATMを探す手間が省けてすぐに使えるよ。

カードローンの審査が甘いのは法律の影響が大きい

カードローンの審査が甘いのは、法律の影響と無関係ではありません。そもそも、カードローンのような少額融資のサービスは、銀行が提供しているような大型のローンとは全く性質が異なっているということを知っておかなくてはいけません。そのため、サービスに対して適用される法律も異なっているのです。これによって、キャッシングのサービスは全般的に甘くなっているわけです。

そもそも、金融機関がお金を貸すときに審査を厳しくするのは、お金を貸したときに発生するリスクを少しでも減らすことにあります。金融機関は元金に設定する金利によって利益を得ることが出来ていますが、貸した元金をきちんと返済してくれなくなってしまうとその分の負担は全て金融機関が背負わなくてはいけないわけです。こうしたリスクを排除する目的が審査にはあります。

その証拠に、カードローンのようなキャッシングには大型のローンと異なって保証人を用意する必要がないものがほとんどなのです。大型のローンを組むときには融資に関してリスクを背負わなくてはいけませんので、返済できなくなってしまったときに保証人を立てる必要が出てきますが、キャッシングにはそうしたリスクすら発生する余地がないわけです。そのため、担保が必要ないのです。

事実、カードローンのようなキャッシングの審査では必要となる書類もありません。自身が何者かであるかを証明するための書類は提出する必要がありますが、この書類も携帯端末のカメラで撮影したものをメールに添付し、それをキャッシング会社に送信するだけの作業で問題ないようになっているのです。直接郵送などする必要はありません。

カードローンのような少額融資のサービスは消費者金融という金融機関が提供していますが、その名の通り消費者に対してお金を貸す金融機関の事を言いますので、一般的な消費者に対して常に借りやすいサービスを提供していると言う事を忘れてはいけません。非常に利用しやすいのです。

閉じる